コトリバコの効果は実は大したことない?伝説級の呪物コトリバコ。

「コトリバコ?大した呪物じゃない。」

呪物というのはテレビでしか見たことはありませんが、本物の呪物を見た本物の霊能者はコトリバコ自体の呪いは大した事はないぜ!?と言います。

「コトリバコ」と言えば、「本当に怖い話を集めてみないか?」のオカルト板や、ホラーチャンネル、YouTubeでもおなじみの最強の呪物系アイテムとしてあまりにも有名です。

僕は、はじめて、コトリバコのお話を見た時マジでビビりました(;^ω^)

「おいおい、マジかよ~、こんなもん本当にあんのかよ~~」って。

コトリバコ?なんじゃ?そりゃ?知らない人へ簡単なコトリバコのおさらい

ここで、コトリバコを知らない人も、もしかしたらいるかも知れないので軽くおさらい。

コトリバコとは、オカルト板やチャンネルで有名になった呪物で、それ自体がかなり強力な呪物。

見た目は、遊戯王の千年パズル?みたいな長方形の木を寄せ集めて作った箱です。

呪物といっても、人を呪うために作られたものというのは確かなんですが、その呪いのかかり方やコトリバコ作成にかかる過程がとんでもないもので、女子供の命を犠牲にして作られる呪物です。

当然命の対価は命ということで、目的は当時の村の人間を殲滅させる目的で作られたというのが、2チャンネルのオカ板で話されている内容です。

ちなみに、引用させてもらうと…

一人でイッポウ、二人でニホウ、三人でサンポウ、四人でシッポウ
五人でゴホウ、六人でロッポウ、七人でチッポウ

2CHの怖い話「コトリバコ」

人数が多くなるほど犠牲を払ってるようです。

そして比例して威力が増すというもの。

もっとも、やばいのが8人犠牲の「ハッカイ」だそうです。

この話を聞いて、「ぼくらの…」を少し思い出しました。

本当の話かどうかは不明ですが、間引いた(殺した)子供の体の一部を用いて作られているという話です。

コトリバコ=「子取り箱」だそうです。

(コトリバコが作られた所以などは2CHの怖い話「コトリバコ」で確認ください。)

効果は、それが投げ込まれた村の女・子供の内臓が徐々に千切れていき、絶命するというのもですが、つまり、子孫を残さないようにして村を全滅させることが目的の呪物です。

実際、あるのか?「コトリバコ」

さて、ここで、「コトリバコ」自体本当に実在するのか?が問題になってくる。

結論から言うと、「ある」です。

ですが、この話の作中にあるような、女子供の犠牲を払ったものではなく、それなりの専門家が作ったであろう、ある程度の効力がある禍々しい呪物で、並みの霊能者なら十分対応が可能なものということ。

また、子供の命を犠牲にするものでもなく、むしろ「蟲毒」に近い要素で作られている呪物です。

形は、やはり千年パズルみたいな木箱で出来ている代物。

僕は過去に、「コトリバコ」を見たことがある。

という霊能者のお話を2回ほど聞いたことがあります。

一人目は「相応にやばいものです、でも、物語にあるような大量殺戮兵器のようなものではない」との見解。

二人目は「やばいは、やばい、呪物だからね。でも、ネットの話に聞くものではない。どちらかというと調子を狂わせたり、悪い方向へもっていくだけの代物。直接的に人を殺したりする力はない。が、、精神状態を狂わせて、自殺や鬱にもっていくことは可能な代物。当足り前だが無ければ無い方がいい。」

ということでした(;^ω^)

2chはただの呪物の話のオマージュ?物語が上手すぎる。

それを考えると2chのお話を作った人は小説家でも目指してるのか?と思うほど、お話を作るのが上手ですね。

まあ、投稿見る限り、かなりの長文ですし、書くのに相当な気合が入ってるように思います。

ですが、本当に2chの話のようなガチ大量殺戮呪物が「コトリバコ」として存在する可能性も無くは無いと思います。

上記2名の霊能者がまだ、そういったものに出会ってないだけかもしれませんしね(;^ω^)

実は僕はこういった呪物系の話などは結構好きで、いろいろ調べてます。

呪われたくはありませんが(;^ω^)興味です。

代物も手にも入れたくはありません、が話が興味をそそられます( ´艸`)

世界から呪いが無くなりますように、祈ってます!

タイトルとURLをコピーしました