最強瞑想‼こん人ら、ついてったら、マジ瞑想マスターになれるちゃうん?の人たち3人。

瞑想をする理由。

皆さんが瞑想をする理由っなんですか?輪廻の輪から外れたいからですか?(;^ω^)

というのは些か言い過ぎですが、心穏やかに生きていきたい…そんな思いで多くの人は瞑想を実践するのかもしれません(笑)

瞑想する理由って人によりけりですよね。

仕事の為にとか、先ほどの心の平安だったりとかだと思います。

また、資格の勉強をしていて、瞑想すると脳への定着が早いから、という理由でする人もいます。

瞑想っていろんな効果がりますが、正直な話、ちょっと難しい…と考えている人もいるのが現状だと思います。

特に瞑想をやり始めたばかりの人や毎日習慣化できなさそうと考えている人は結論からいってその時点で半分瞑想をあきらめているようなものです。

瞑想は習慣化してこそ意味があるので、たまにする程度では一時的な脳のリラックス状態をなんちゃって体験できる程度です。

瞑想のプロフェッショナル達を見ろ!歴史的プロに学ぶ瞑想の極意

結局、守破離という言葉があるように、何事も先人たちが築いた道筋を順にたどっていくのが一番の近道なんですよね。

瞑想は何となく始めるというものでもなく、まずは、ちゃんとした人(瞑想をするのがお勤めの人・いわゆるお坊さん)から学ぶのが早いんです。

1人目・僕が初めに瞑想を始めた教科書の人・テーラワーダ仏教のアルボムッレ・スマナサーラ長老

この人を、教科書の人と表現するのは失礼過ぎますが、僕にとっては守破離の守の部分の人です。

自分の瞑想法はとにかく、この人の瞑想法を基本としています。

沢山、瞑想の本を見ましたが、慈悲の瞑想、ヴィパッサナー瞑想はアルボムッレ・スマナサーラ長老使用の瞑想法でやってます( ´艸`)

テーラワーダ仏教の信者というわけではありませんが、昔、京王線幡ヶ谷にお勤めしていた時に、電車の中でスマナサーラ長老の著書を見ていた時に偶然、スマナサーラ長老のお弟子さんが糞僧衣を着て電車に乗っており、あまりの偶然に興奮して「僕、今こんな本読んでたんです!」と話しかけてしまったことがあり、その時に幡ヶ谷にゴータミー精舎という場所があるのを知りました( ´艸`)

お弟子さんは「これ、僕の先生が書いた本ですね!偶然ですね!」とお弟子さんもなんだかうれしそうでした。

スマナサーラ長老は有名ですが、瞑想関連の書籍以外、たくさんの著書を出してます。

結構、読んでます( ´艸`)↓

2人目・女性初!?瞑想とヨガの日本の第一人者・相川圭子さん

そして、もう一人はテレビ番組にも出演歴がある、日本の瞑想の第一人者と呼ばれる、相川圭子さんです。

ヒマラヤで悟りを開き、現在は講演活動やテレビ出演など瞑想を多くの人に広めるために活躍されています。

ヨガ・マザーとも言われ、自分もマガジン形式の本を1冊持っています。

瞑想初心者の女性は彼女の瞑想を基本にすると入りやすいのではないでしょうか?

ヨグマタ=「ヨガの母」「瞑想の母」という意味。世界で2人だけしかいない(日本ではもちろん彼女が1人目)

ヨグマタになるのは並大抵のことではありません。

長年、厳しい修行を続けないといけないため、現在までにこの世界ではたった2人しかいません。

いわゆる「シッダーマスター」(究極の悟り・涅槃)に達した人です。

40年という長きにわたり瞑想を実践してこられた彼女ですが、日本でスピリチュアルブームが起きるはるか前からヨガ・瞑想・ヒーリングなどを学んできた人です。

現代における、仏陀(ブッダ)とはまさに彼女のことかもしれません。

ちょっとまった!女性は悟れない?仏教の解釈

昔の仏教の解釈では、女性は悟れない。女性=穢れた存在(不邪淫戒)という見方があります。

ですが、これは仏教の間違った解釈か、歴史を重ねるうちに、どこかで誰かが間違った解釈をしてそのまま世間に広まる結果になったのだと思います。

そもそも、同じ人間に生まれてきて、女性が悟れないなんてナンセンスだし、意味不明ですよね(;^ω^)

それに、ヨグマタの相川圭子さんはしっかりと悟られています。

女性も悟れますし、瞑想を実践して、雑念や煩悩が多い男性以上の効果も得ることができると思います。

ヒマラヤ瞑想を実践して、シッダーマスター(瞑想マスター)を目指しましょう!!

3人目・Googleが誇るIQ156の天才プログラマー!若くして瞑想・マインドフルネスを取り入れたチャディー・メン・タン

3人目は世界中がこの企業無くしては、ならないと感じてるのでしょうか?

いや、無くても人生楽しいけど、あったら超楽しい。

そう、僕らのGoogleから天才プログラマー・チャディー・メン・タンさんです。

厳密にいうと、彼は、ヨガマスターでもシッダーマスターという肩書もありません。

ただのGoogle社員で、億万長者なだけです(;^ω^)

ですが、彼が著書のサーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法を見れば、間違いなく彼が他の瞑想マスターたちと、何ら遜色ない人物だということがわかるはずです。

スピリチュアル=瞑想という観点が苦手な人には特におすすめの本だと思います。

宗教色やスピ色がどうしてもダメ!という人はこの本で瞑想を学びましょう。

特に仕事で成功したい!願いを叶えたい!S〇Xより気持ちいことはないか?とお探しの方には最高です。

また、彼に興味がある人はここも覗いてみるといいでしょうマインドフルネス・プログラムSIY

各々がリーダーとなり瞑想を導いてくのが、本当の瞑想の理想だと思う件

今回は瞑想というカテゴリーで現在、世界の瞑想リーダー・マスターと言われる人を3人ピックアップしてみましたが、僕は本当の理想は、みんなが瞑想を実践し、みんなが瞑想を広めあうのが理想的だと思います。

でも、普段生活してる中で、今日は瞑想何分しようか?なんて、職場の人や友人家族とも話し合わないですよね?(;^ω^)

なので、まずは自分が毎日瞑想を習慣化して、そこからいろんな方法で広めていければいいかなぁと思う今日この頃でした(;^ω^)

タイトルとURLをコピーしました