霊能者の書籍の選び方は?霊能を勉強したいなら抑えたい本

スピリチュアル好きなら、霊能者の本はいくつか抑えていると思いますが、この本は絶対に信憑性がある!信頼できる!というものに出会えていない人もいるのではないでしょうか?

霊能者の方々は書籍を出されている方も多く、有名になればなるほど数も多く、その中でどの本が良本か?と選ぶのも一苦労ですよね。

基本的にはアマゾンの評価が一番信頼できる(;^ω^)のですが、この手の本は基本的に値段が1000円以上のものがほとんどです。

なので、失敗はしたくないですよね。

今回は僕の見解も交えて何故この本をお勧めするのか?ということも含め霊能者が出している良本を3点だけ紹介したいと思います。

というか、この3点あれば大体そちらの世界のことは網羅できると思うような本だけ選びました。

順位などはつけていません、全部同率と考えてください。

1冊目・関西の女性霊能者、美鈴さんの書籍・「あの世の秘密」

最初の1冊目は美鈴さんという関西の女性霊能力者が書いた「あの世の秘密」です。

もう、名前からストレートなんですが、その題名のとおり、あの世の秘密が書かれています。

霊能者として生まれた彼女の実体験というか半生がそのままあの世の秘密につながっています。

生まれる前の魂の段階、つまりまだあの世にいて霊能者「美鈴」として生まれる前のあの世の事が書かれています。

どういう経緯で生まれ変わってきたのか?

また、あの世はどういう場所で、自分の霊格やはては霊格が高いであろう歴史上のとある人物までちらりと登場しますが、スピリチュアルを勉強していて、知識には自信がありましたが、この本を読んで驚くことがたくさんありました。

自分の読んだ感想は、半分は答え合わせ、半分は全く知らないことでした。

ただ、すでに江原啓之さんの書籍などを沢山読みふけっている人は、それほど真新しい知識とは思えないかもしれません。

アマゾンのレヴューにもありますが、本物たる所以で江原さんの本と重複している箇所も何か所かあります。

ですが、女性ならではの切り口で柔らかく優しさに溢れた内容と、細やかな説明が最後までノンストップで読ませてしまう面白さがあります。

美鈴さんもこれ以外に書籍を何冊か出していますが、個人的にはこの1冊でも十分知識は入れることができると感じてます。

といいつつも、僕は美鈴さんが出している本はすべて購入してしまっています(;^ω^)

2冊目・すべての霊能者・霊能力・スピリチュアルの基本書・シルバーバーの霊訓シリーズ

この本は全シリーズで12巻あります。

すべてのスピリチュアリズム始まりの基本書と言っても過言ではなく、日本にスピリチュアルが浸透する前にもうすでに刊行されてました。

基本から霊能を学びたい、この世とあの世の仕組みを知りたい、また、真理に触れてみたいなど、生きていることすらに疑問をもつ人は是非この本を手に取ってみてください。

冗談抜きにあなたの探していた答えがこの本の中に確かに存在します。

僕がこの本を読んだのは大分スピリチュアルの考え方・基本が自分の中に浸透した5年ほど前でしたが、それでも見る価値があると言えるシリーズです。

後に紹介する江原さんの本でも、この本のご紹介があります。

必ず見てほしい本なので、ここでの詳しい話は伏せたいと思いますが、ある意味人生を変えてしまう本かもしれません。

また、この本を知らなくても、昔にもこんなにスピリチュアルというものが進んでいたんだ!と驚きがあるでしょう。

今、提唱されているスピリチュアリストと言われている人たちの考えはこの本の写しといって過言ではありません。

3冊目・スピリチュアルという言葉の生みの親でスピリチュアル業界の立役者であり・誰もが知る霊能者、江原啓之さんの(スピリチュアルな人生に目覚めるために 心に「人生の地図」を持つ)です。

最後は日本におけるスピリチュアルという名の生みの親であり、日本で彼ほど有名な霊能者はいないと言えると思います。

江原啓之さんの書籍です。

 
 

僕は彼の書籍はやはり何点か持っていて、図書館で見たものも含めれば大分勉強させてもらっています。

当時僕が勉強し始めたころは、スピリチュアルという言葉や概念はまだ無く、海外の霊能者やアセンテッドマスターの書いた本を軸に勉強するしかありませんでした。

そして、昔やっていた「答えてちょーだい」という朝の情報番組で夏になると怖い話などの放送がされると、霊的な視点のコメンテーターで江原啓之さんが出演されて、解説するというものを見て、彼の書いたコラムや本を読んで自分の知識と精査していきました。

多くの人が、「この江原啓之という男は、偽物だとか、インチキ霊能者、詐欺師、お金を取られた」ということを耳にしますが、霊的なことを深く勉強している人にとっては、彼の言っていることがまず、嘘偽りないことがわかります。

と、いうと、スピリチュアルに洗脳されている、お前も詐欺師みないなことをしようとしてるんじゃないか?と言われますので、最初にいっておきますが、僕は彼のファンでもなんでもなく、失礼ですがただの霊能がある太ったいい年のおじさんで霊能があるが故に苦労されてきた、という印象しか持ち合わせてません。

苦労されているので、半生をかけたと言える書籍からは大変勉強させていただいているというだけの話です。

彼がこの世に生まれてこなかったら、そういった勉強も停滞してたと思うのでそういう意味では感謝してますけどね( ´艸`)

もちろん、皆さんに、今あげた3者の力を信じろ!とは言いません。

むしろ、なんでも疑ってかかったほうがいいんです。

そのうえで、自分の知識や心と相談して精査していけばいいことです。

ただ、それに対して何の知識も無く見た目と自分の感覚だけで「こいつはインチキだ!だって番組でこう言ったのに、ちがうじゃね~か!」と短絡的にとらえては何も発展はありません。

第一、霊能やあの世があったって、別に何か困ることはありませんし、特別悪いことしてなければ、全然死んでもこの世と変わらないんじゃないかと思いますけど、あの世を信じない人は、あの世があったら何かマズイことでもあるんでしょうか?(;^ω^)

ゆういち
ゆういち

僕は別に悪いことしてないから、死んで、あの世があったって全然かまわないよ。

特に、霊能、スピリチュアルは信じてない!という人におすすめしたい、3人の霊能者の本でした(*^-^*)

タイトルとURLをコピーしました